用途で選ぶレインウェア

レインウェアはおしゃれで望ましいタウンユースのものから、登山やツーリングに最適な本格派の機能的なレインスーツまでさまざまな種類があります。タウン、ツーリング、キャンプ、登山向けなど、用途によって適材適所なものを選びましょう。

レインウェアは登山で主流のゴアテックスをはじめ素材もさまざまで、近年品質も向上しています。外からの濡れを防ぐ防水性と内側からの蒸れを外に逃がす透湿性に優れた素材を通じているものが高性能とされていますが、当然のことながら値段のほうも高くなってしまう。
高性能のゴアテックス使用の登山用レインウェアは、もちろんフェスやタウンユース、軽登山にもおすすめですが、価格はジャケットだけで通常15,000円〜となっています。

登山の場合は、原則として、ハイキングという軽登山も高性能のレインウェアは必須です。たとえ短時間の登山であっても、また、麓では晴れていても山の天候は急変することがあります。登山ではある程度不測の事態を想定しておかなければなりません。
モンベルのレインウェアは、世界最高水準の性能を組み合わせるゴアテックス素材をはじめ、透湿性と軽量コンパクト性を実現したモデルを多数揃えてあり、トレッキングをはじめ本格的な登山など運動量が多い場面で際立つパフォーマンスを発揮して頂ける。

一方、自転車などのツーリングに使用したいレインウェアは、ストレッチ性や裁断方法にこだわったレインスーツがおすすめです。ツーリング中の雨でも爽やか行動が可能になります。
例えば、ラフ&ロードのレインスーツなどは、携帯し易い軽量、小ささが特長で、常時携帯する人や、旅行先などでの持ち歩きにもとても便利です。また、後襟からの浸水を防ぐ防雨プロテクター、首や足首からの浸水を防ぐフラップなどツーリング用ならではの使い勝手も見逃せません。

タウンユースやキャンプなどで雨から身体を守ってもらえるレインウェアは、ゴアテックスほど高性能のものではなくても各メーカオリジナルの防水&透湿性のある素材によるもので約10,000円〜30,000円で手に入れることができます。
ノースフェイスはタウンユースから登山ファンまで大きい人々に人気のブランドですが、軽量なポリウレタンコーティングの防水透湿素材のものは、日帰り登山や高原キャンプでの天候の急変にも対応することができます。xn--eckih7fbu9a7mmduere.xyz