習字

昔から子供の習い事として人気なのが「習字」だ。
今でも多くの小学生が習い事として「習字」をしています。
字を書くは大切なことだ。
小学校に入って最初にすることは、字を書くことです。
周囲の子供たちに対して字があまりにきたないとさすがコンプレックスを持ってしまうし、先生から注意を受けることもあります。
字はきれいにかけた方がいいに越したことはありません。
昔にきたない字を書いているとそのまま大人になっても汚らしい字を書く人が多いです。
字はその人の印象を決めてしまうこともあります。
第一印象できれいな字を書く人を見れば、きちんとした人だというように望ましい印象を持たれると思います。
字を書くことが照れくさいとコンプレックスを持ってしまわないように、しばらくきれいな字をかけるように、小学生のうちから敢然と習っておくといいと思います。
また小学生の場合、習字の授業もありますので、習っておいたほうが授業中にも困らないのでいいと習わせる親も多いです。

習字を習い事として始めるメリット、デメリットを紹介します。
<メリット>
字をきれいに引っ掛けるようになること。
字が覚えられること。
学校の書写の授業で困らないこと。
集中力や規則正しい姿勢が身につけられること。
月謝が他の習い事に対して安っぽいので気軽に始めやすいこと。
道具代がそんなにかからないこと、道具を一式買ったとしても小学生は学校で取り扱うので単に使うことができます。

<デメリット>
きれいに書くことを指しすぎて字を書くのが遅くなり、勉強の際にマイナスとなってしまうこともあります。
筆で字を書くということが大人になるとわずかので、習字が役に立つ場面が少ないこともあります。

月謝は3,000円〜5,000円だ。
他の習い事よりも安いですし、道具も小学校で扱うものなので買っても損はしませんし、手軽に始めやすい習い事として人気です。
パソコン入力が当たり前の社会でデジタル化が主流の社会でも、字を書く機会はあります。
字がきれいについてだけで有利になることもあります。
子供のうちから何満点も落ち着いて座り続けて字を書く結果集中力が身につけられるのも大きな魅力です。
水泳、そろばんと合わせて習字は今も定番の習い事となっています。http://www.notesonanautobiography.co.uk/